みんなの臭い対策方法

みんなの臭い対策方法紹介ノート

わきがの治療方法について

どんな人間でも汗をかくものですがアボクリン汗腺から出る汗がわきがの原因といわれています。
基本的に汗はかいた後は無臭なのですが皮膚についてる細菌によって分解されてできる低級脂肪酸が汗のにおいになるのです。

一般的にわきがは体質や遺伝性といわれています。
他人の汗の臭いは気になるものの、案外自分自身の汗の臭いは気がつかない人が多いのが現状です。

多汗症の場合は日常の汗に対して対策を講じればいいのです。
わきがも自分でにおいに気がつけばいいのですがわきがかなと疑った時には家族などに聞いてみるといいでしょう。
わきが対策として日常の注意点をあげるとまずは汗対策は必需です。
わきの下は季節を問わず汗をかきやすい場所ですから清潔にして乾燥させることがポイントになります。

デオドラントスプレーを使うのも一つの手です。
ただし、皮膚が弱い人はかぶれる可能性がありますので使用する際には別の部分で試してから使うようにしてください。
わきがを治す方法としては様々な方法があります。

電気分解によるわきがの治療方法がありますが一時的によくなってもまた再発するケースが多いようです。
また手術という方法もあります。
わきの下の皮膚をとり縫い縮める手術なのですがわきの下の皮膚の下には指先まで支配する神経や血管がありますので神経を傷つけたら大変です。
ですから手術の決断は何度もカウンセリングをし納得の上で信頼がおける形成外科の医師に手術してもらうようにしてください。
医師の腕によっては手術の痕が残るばかりか腕に後遺症が残るケースもあるからです。
また一度で完治せず何度も手術を受けなければならなくなったということもあります。
なお、手術は日帰りもあれば入院が必要なケースがありますがこれはわきがの程度によって変わってきます。
治療費は自由診療ないしは保険適用がきく場合があります。

保険適用の条件は保険診療が可能、医師が保険適用の手術と認めた場合、保険適用の手術方法であることとされていますので手術を希望する場合は医師と相談して受けるようにしてください。
料金は保険適用で両脇で6万から12万くらいが目安とされています。
自由診療の場合は病院によって異なりますので何件か問い合わせてから病院へ行かれるといいのではないでしょうか。
ただし、手術が一度で済めばいいのですが再発して再手術をしなければならない場合はさらにかかると考えておいたほうがいいでしょう。
手術を受けるまでもないという軽度の方はミョウバン等が入った消臭クリームを使うなどして清潔に保てば臭いはかなり軽減されるはずです。

わきがで長年悩む人も少なくありません。
手術によって長年の悩みから解放された患者さんも多くいらっしゃいますので経験者の体験談を聞かれることをオススメします。
もし、ワキガの対策方法についてもっと情報が欲しいのであれば、ワキガ対策専門サイトを利用してはいかがでしょう。

加齢臭に効くと噂の柿渋石けんを使ってみます

最近TVでよく耳にする「加齢臭」。

年をとるのは避けられないことですから、40代も過ぎる頃になれば、誰でも気になると思います。

でも、正直、自分ではよくわからないものではないでしょうか。

誰かに気やすく聞いてみるというわけにもいかないし。

そんななか、「加齢臭に効く!」と噂の柿渋石けんとやらに、興味を持ちました。

石けん使うだけで防げるのなら、お手軽でいいですし。

ドラッグストアに行ってみると、いろんな種類の柿渋石けんやらボディーソープやらが並んでいます。

お値段も様々。
高いほうが効くの?でも効かないのならもったいないしと、
とりあえずあんまり高くないのを、お試しで買ってみました。

高級品ではないけど、無添加自然派のもの、合成香料や着色料の使ってないを選びました。

パッケージを開けて、まず匂いを嗅いでみました。

かすかに柑橘系の匂いはしますが原料に「リモネン」(レモンの皮に含まれる油)とあるから、その匂いかな、という程度。

でもお風呂で使ってみると、意外とさわやかでいい感じ。
使い心地も上々です。

加齢臭に効くかどうかはまだよくわからないのですが、何となく、汗っかきの夫の汗くささは減ったような気がするので、効いているのかも!
とりあえず、しばらく使ってみようと思います。